おすすめ記事

トロントはカナダ最大の都市で、さまざまな国籍の人が集まる多文化な街です。そのため留学生に寛容的な人も多く、日本人にとても人気の留学先となっています。

 

そんな人気都市トロントの留学におすすめな理由を5つ紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

トロント

そもそもトロントってどこにあってどんな場所かわからない人もいると思うので、まず街の紹介をしますね!

 

トロントは北アメリカ大陸の東海岸、オンタリオ州に位置するカナダ最大の都市です。人口は2018年4月現在で約270万人、北米では4番目に人口が多い都市です。

 

街並みは「THE都会」という感じで、高層ビルがたくさん建ち並んでいますが、自然や公園もたくさんあり、都会の雰囲気と大自然、両方楽しめます!

 

街中は地下鉄、路面電車、バスの交通機関が充実しているため、移動も簡単で安心です。また日本にはない、深夜でも利用可能な24時間バスが走っていたりとなんなら日本よりも便利にさえ感じました。

 

トロントは世界中から移民が集まっているため、世界で一番多文化な都市とも言われています。80以上の異なる人種がお互いの文化や宗教、習慣を尊敬し合い共に暮らしており、特に中華系の移民が1番多く、トロントの人口の約12パーセントを占めています。

 

トロントへは日本からの飛行時間は直行便を利用し約13時間で行くことができます。またトロントではサマータイムというものがあり、夏の時期に標準時を1時間進める制度があります。なので日本との時差は夏時間(3月から11月初旬)で13時間、冬時間(11月初旬から3月)で14時間になります。

 

 

トロント留学がおすすめな理由5選

一つの国で様々な文化に触れられる

トロント留学の1番のメリットは、なんといっても多文化都市であることです。
トロントは非常に移民が多い都市なので、英語が第1言語でない人やカナダ以外で生まれた人も大勢いるため、英語が上達するためのプログラムも多くあります。

 

また、英語があまり話せない留学生にも
優しく対応してくれる人が多いので、
留学生は気兼ねなく英語を街中で使えますし、英語を早く上達させることができます

 

ちなみに自分は家の近くのスタバで日本に興味がある黒人のお姉さんとランゲージエクスチェンジをしたりもしてました!

 

日本人や日本文化への興味がある人も多く、日本語と英語のランゲージエクスチェンジも頻繁に開催されています。
無料で参加できるものも多いためぜひ参加して見てください!
参加の方法はフェイスブックが一番手軽に見つけられるかなと思います!

 

 

都会と自然の共存

せっかく留学するなら都会の雰囲気も味わいたいし、なおかつ自然も味わえたら言うことなしですよね。

 

それを叶えられる場所、そうそれがトロントです。

トロントの中心街はどでかいビルが立ち並んでいたり、街のシンボルでもあるトロントタワーや元川崎のいたトロント・ブルージェイズの本拠地ロジャースセンターというスタジアムがあったりととても栄えています。
なので生活には不自由することはまずないですし、娯楽も数多くあります。

 

またトロントの凄いところは、都会の中にも自然が溢れているということです。
地下鉄で行ける範囲内に湖があったり、
ハイパークという中に無料の動物園やスポーツ施設などがあるとても広い公園があったり(秋は紅葉が綺麗ですよ!)、フェリーに10〜20分ほど揺られればトロントアイランドという離島に行けるなど自然散策の宝庫でもあります。

 

留学中に色んな場所に旅行できる!

トロントの周辺には、さまざまな観光地があります。
世界三大瀑布の1つであるナイアガラの滝はバスや電車を利用して2時間ほどで行くことができます。

また世界的に有名な大都市ニューヨークへはなんと長距離バス(夜行バスもあり)を利用すると半日ほどで行けてしまいます!あのみなさん憧れる有名な場所まで2000〜3000円で行けてしまうのです。

 

他にもシカゴやボストン、ワシントンなども飛行機で2時間以内で移動できるため、週末や学校の長期連休に合わせてどんどん出掛けちゃいましょう!

 

ちなみに長期連休個人的に行く場所でおすすめなのはヨーロッパですね。
日本から行くより費用も抑えられますし、何より飛行機に乗っている時間がだいぶ短くて済みます。

また、クリスマスは海外の人たちは自国に帰る人が多いためもし留学先でできた友達がOKなら向こうの文化も紹介してもらえたりもしちゃえますし、宿代も浮くかも?笑

 

治安がいい

あくまでお隣のアメリカと比べるとですが
比較的暮らしていて治安はいいと感じました。

ただこれはあくまで海外の中での話です。
治安で日本以上に安全な場所は何10カ国も旅行していますが、見たことないです。

 

ゴン
つまり日本最強という訳です。

 

ただ治安がいいからといって油断してはいけません。

「夜遅くに一人で出歩かない」、「荷物には注意する」、「知らない人にはついていかない」、「お酒を飲み過ぎない」

というような基本的に注意することはするに越したことはありません。

 

またこの「治安」に関していいと思った経験と悪いと思った経験があるのでまた違う記事で近づかないほうが良いエリア等と一緒に紹介しますね。

 

ワーキングホリデーもしやすい環境

近年、海外では日本食ブームが来ています。
その影響でトロントでも居酒屋やラーメン屋などの日本食屋さんが数多く出店しているため、
まだ来たばかりで英語に不安があるという人でも意外と簡単に仕事を見つけることができます。

 

僕はしていなかったのですが、ワーキングホリデーをしなかったことをとても後悔しています。
またその理由については別の記事で詳しく書くつもりなのでそれまでお待ちくださいね。

 

スポンサーリンク

トロント留学のデメリット

お金が結構かかる

カナダは消費税も日本に比べ高いですし(オンタリオ州の消費税率は現在13パーセント)、さらにカナダにはチップの文化もあるので、外食の際には、表示価格に+13パーセントの消費税+チップ(15 %前後)を支払うことになります。

またメリットで挙げた「色々な国に旅行できる」は逆にいえばそれだけお金がかかるということ。
僕も実際足りなくなって親に借金しました。
またその他にも学校の友達との付き合いや英語を勉強するための教材など出費を数えたらキリがありません。

なのでこれらのことを踏まえ、
普段の生活でなるべく抑えれるところは抑えて
生活をして行きましょう!

 

ネイティブスピーカーが少ない

結構残念に思う人が多いかもしれませんが、ネイティブスピーカーはカナダは少ないと言えます。
ホストファミリーもホームステイの友達のほとんどがフィリピン人でした。

 

もともと移民国家なので、住んでいる人も様々です。
中には発音が独特で聞き取れないこともあるかもしれません。

 

ゴン
ですが、これは逆にメリットです。

 

なぜなら、様々な国の人が話す英語の喋り方を学習できるからです。

 

独特な発音だったり、訛りは結構その人の出身地で同じことが多いのでもしその国の人と話したり、また自分が旅行でその場所に行った際にもともと聞き慣れておけば瞬時に対応できますよね?

 

最初は慣れず辛いとは思いますが、慣れてしまえばそれは強力な武器になることは間違いありません。
カナダ留学である強みと捉え活かしていきましょう。

 

 

冬の気温が氷点下

カナダの冬は氷点下以下の気温が続きます。
僕がいるときも最低気温➖30度なんて日もありました。
さらに風まで吹いている日なんてもう。。。最悪ですね。

 

先ほどお酒を飲みすぎないほうがいいと治安の部分で紹介しましたが、それは盗難や強姦にあうかもしれないという部分もあるのですが、カナダではもう一つの意味合いも含みます。
それは「凍死」の危険性です。

 

僕がカナダで冬を過ごしている中でこんなニュースをたまに聞きました。
お酒を飲みすぎ、朝まで公園で寝ていたら、次の日の朝に凍死していた死体が発見されたと。

 

日本(僕の住んでいる地域)では考えられないことだったので、衝撃を受けたのをよく覚えています。

なのでお酒はほどほどに、節度を持って飲みましょう!

まとめ

以上カナダのトロントについて留学した経験を踏まえつつ紹介しました。

 

いかがだったでしょうか?
もしこの記事を見て留学先の候補の一つにカナダのトロントを入れてもらえたら嬉しいです。

 

また留学中に起きたハプニングや得られた経験なども書いていきたいと思っているのでまたよかったらそちらも見て見てください。

 

 

留学中に起きたハプニング集はこちら↓

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事