おすすめ記事

ゴン
みなさん、こんにちは。ゴンです。

 

台湾旅行記をブログ形式で書いています。

始めから見たい方は下のボタンをクリック!

 

 

 

なんとか空港で朝を迎えることが出来ました、おはようございます。

 

眠気を台湾版コーラ?のシュワシュワで吹っ飛ばし、今日も元気に活動できそうです!

 

朝になりましたので、今日は公共交通機関を使って市内に向かいたいと思います。

空港から市内への行き方はいろいろありますので、今回はその手段と料金を比較していきます。

 

スポンサーリンク

台湾桃園国際空港から市内まで行く方法を徹底比較

桃園国際空港から台北市内へ行く方法は主に、バス・新幹線・タクシー・MRTの4つがあります。

1. バス

比較的乗り方も簡単で安いので初心者向き

バスで台北に早く行きたい人や初めてでよく分からないのでとにかく簡単に行きたい場合は、国光客運(1819番線)に乗って下さい。国光客運(バス)は、台北駅まで直接行ってくれます。

 

・バス乗車券情報とバス乗り場

バス乗車券購入 バス乗り場
第一ターミナル 地上1F B1Fバス乗り場
第二ターミナル 1階入国ロビー北東側 1階入国ロビー北東側屋外通路

料金は140元で、概ね15~20分間隔で運行しています。(空港から台北駅まで)

 

所要時間は1時間前後。早朝深夜帯だと50分位で着くこともありますが、朝晩の渋滞に重なると15~30分程プラスでかかります。

 

ちなみに最も安く台北駅へ行けるのは大有巴士の1961番線で、所要時間は1時間10〜20分ほどで料金は90元です。

2. タクシー

お金に余裕があるなら、時間と体力が節約できるタクシーがおすすめ。

ただし並ぶ必要がある場合もあるので、送迎サービスのあるホテルを予約しておくのが一番快適だと思います。

料金は1100〜1500元(4人まで乗車可)

所要時間は渋滞がなければ45分~1時間程度。

3. 新幹線

高鉄「桃園駅」(新幹線の駅)まで、統聯客運の705番バスが10〜20分おきに出ています。30元で、所要時間は約20分。

高鉄「桃園駅」から高鉄「台北駅」までは約20分で到着します。(普通車両160元)

なので合計すると

所要時間は最速で40分〜50分、料金は190元になります。

板橋駅やその近くが目的地なら新幹線もおすすめです。板橋駅は台北のベッドタウンとして便利な街で、台北駅までMRTで15分以内で行くことができます。(日本でいう埼玉県ですね。)

4. MRT

2017年に新しく開業したMRTは便利で簡単です。料金もバスより少し高いだけ。(160元)

所要時間は直達車で約35分、普通車で約45分。運行時間は6時台から23時台まであります。

運行間隔は15分に1本です。

ただ、非常に混雑している場合があるそうなので、それを避けたい場合は別の手段の方がいいかもしれません。

 

今回自分達は4番目に紹介したMRTで台北駅まで向かいます!

 

<乗車位置>

1ターミナル:地下3F ※出国エリアの道路側に地下2Fまでエレベーターあり

2ターミナル:地下2F ※地下1Fまでエスカレーターあり

 

<切符の買い方>

改札近くに切符売り場があります。

料金は日本円で約380円ほどです。

交通カード(悠遊カード)を利用できます。

 

MRTに決めた理由は、1番行き方がシンプルで、なおかつ台北駅が終点なのでもし寝てしまっても大丈夫だからです()

ちなみに始発はさすがにガラガラでしたね〜。混雑を避けたい方にはおすすめかもです。

 

電車に揺られて約40分。着きました、台北駅!

やはり市内に来るとやっと海外来た!っていう実感がわきますよね。

友達もテンション上がって写真や動画たくさん撮ってましたね~

この後起こる悲劇も知らずに。。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事