おすすめ記事

 

 

 

伊坂幸太郎原作の「マリアビートル」をハリウッドが実写映画化したのが、

今回の作品「ブレッド・トレイン」。

主演はブラット・ピット。

 

すでに映画化もされた「グラスホッパー」の続編となる小説です。

原作見てからだとより今回の作品は楽しめるかもしれません!

 

 

ただ今回の監督はあの「デッドプール2」のデヴィッド・リーチ監督なので、

元スタントマンの経歴を生かした大胆なアクション、また終始テンポのいいコメディタッチで

物語は進んでいくので、前情報一切なしでも思いっきり楽しめました。

 

 

さて今回は日本の新幹線が舞台のこの映画のロケ地はどこなのか、

ご紹介していきます!

 

 

それではみなさん、映画で世界を旅しよう!

 

 

 

スポンサーリンク

あらすじ

世界⼀運の悪い殺し屋レディバグが請けたミッション、それは東京発の超⾼速列⾞でブリーフケースを盗み、次の駅で降りること。簡単な仕事のはずが、次から次へと乗ってくる⾝に覚えのない殺し屋たちに命を狙われ、降りたくても、降りられない。最悪な状況の中、列⾞はレディバグと殺し屋たち、10⼈を乗せたまま終着点・京都に向かうが…乗り合わせたはずの10⼈は、偶然ではなく、仕組まれた罠だった。やがて明らかになっていく、殺し屋たちの過去と因縁。そして終着点で待ち受ける世界最⼤の犯罪組織のボス=ホワイト・デスと対峙したとき、思いもよらぬ衝撃の展開が待ち受ける!

【ブレット・トレイン】ロケ地を聖地巡礼!舞台は日本?本物の新幹線で撮影した?

 

 

今回の作品を観て、

「いやいや明らかに海外から見た日本のイメージで作ったでしょ笑」と思うシーンもあれば、

「やけにリアルだなぁ、日本で撮影したのかな?」と感じたシーンもあったのではないでしょうか?

 

結論から言いますと、

今回の撮影は主にロサンゼルスで主に撮影しつつ、

一部は日本の東京で撮影されたという噂。

 

 

 

なので新幹線から見える景色は、

ほぼほぼCGで新幹線内でも実際の撮影は行っていないそうです。

 

 

 

 

劇中冒頭付近で出てくる秋葉原がやけにリアルだと感じた方も多いのではないでしょうか?

 

こちらはちゃんと東京でロケがされていたとしたら納得ですよね。

 

 

そのほか少しネットで話題になっていた面白い話題があったので、

せっかくなのでそれも少し紹介します!

 

 

スポンサーリンク

【ブレット・トレイン】で米原駅が話題に!いったいなぜ?

 

 

もうご覧になった方ならわかると思いますが、

 

今回の映画で出てくる日本の景色はほぼほぼ海外で撮影されたため、

 

「海外のイメージする日本の景色」

 

で描かれています。なので正直ツッコミどころ満載です笑

 

「えっなんでこんなところに富士山が!?」や

「いやいやこんな東京ないわい!」

 

と思わず口に出してしまいそうになる程。個人的にはそうゆう要素もこの映画の好きな点です。

 

そんな実際と異なる景色が広がる今作で、米原駅だけがやたらそのまんまだと話題になったのです。

 

 

劇中では、霧に覆われ周りに何もない景色として登場し、

これを観た滋賀県民が激しくこれに同意したこと+ハリウッドで米原駅が取り上げられたこと

から話題になったみたいです!

 

たしかに地元の駅が出てきたらテンション上がりますよね。

 

僕も地元の名古屋到着した際に新幹線から見えた景色にテンション上がりましたもん。

名古屋の景色も結構正確に描かれていて思わず劇中反応してしまいましたし笑

 

 

まとめ

 

 

今回は、今話題のハリウッド映画「ブレット・トレイン」のロケ地についてまとめてみました。

 

残念ながらロケ地の紹介はできませんでしたが、

新幹線のようにスピード感あるコメディアクションはもちろん、

海外のイメージと現実の日本の比較など上映時間126分ですが、

 

「えっもう終わり?」

 

と思うほどテンポのいい映画になっているので、

もしまだ観ていない方はぜひ観てみてくださいね!

 

 

 

P.S. 序盤に前情報なしでもと書きましたが、機関車トーマスだけは観ておいた方がいいかも。

 

 

 

観た人なら納得ですよね?笑

 

 

またまたP.S.

 

 

観た人ならうおっってなる画像。

 

 

長々と失礼いたしました!

 

それでは良い映画ライフを!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事