おすすめ記事
【007シリーズ】ノー・タイム・トゥ・ダイ NO TIME TO DIEのロケ地を聖地巡礼
引用元:007ノータイムトゥダイ公式より引用

 

 

10月1日から日本で公開されている人気シリーズ映画「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」。

 

ダニエル・グレイグが演じる最後のジェームズボンドということで劇場には様々な年代の人が足を運んでいる印象でした。

さすが歴代からの人気シリーズです。

 

007シリーズといえば、緊張感のあるスパイアクションも魅力ですが、

世界各国を渡り歩きながらミッションをこなしていく際に見える街並みも見どころの1つですよね。

 

今回の作品も初っ端から広がる古代ローマ感もありつつ、トルコのカッパドギアのような街並みに

自分も心惹かれましたね〜。

 

 

今回はそんなダニエルグレイグ最後の作品「007 no time to die ノー・タイム・トゥ・ダイ」のロケ地を聖地巡礼していきます。

 

 

それではみなさん、映画で世界を旅しよう!

 

 

 

スポンサーリンク

あらすじ

ボンドは現役を退きジャマイカで穏やかな生活を満喫していた。しかし、CIA出身の旧友フェリックス・ライターが助けを求めてきたことで平穏な生活は突如終わってしまう。 誘拐された科学者を救出するという任務は、想像以上に危険なもので、やがて、それは脅威をもたらす最新の技術を保有する黒幕を追うことになるが――

 

もしまだ007シリーズを観ていない方へ

 

 

もしまだ007シリーズ観ていない方は、絶対にシリーズ全て(ダニエルグレイグ主演作品)を観てからの鑑賞を強くお勧めします。

007シリーズは前作、またシリーズ全体の繋がりが深い作品なので初見で今回の作品を観てしまうと「?」な部分が多くなってしまうと思います。

 

現在アマゾンプライムで全作品が無料で鑑賞できますので、ぜひそちらをご覧になっていただいてから本作を楽しんでくださいね♪

登録していない方も月額500円なのでレンタルするよりお得に観れちゃいますよ!

この機会にぜひ!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

【007シリーズ】ノー・タイム・トゥ・ダイ NO TIME TO DIEのロケ地を聖地巡礼

1. マドレーヌと熱い夜を過ごした映画冒頭の場所:マテーラ|イタリア

View this post on Instagram

 

yoyo旅(@yocco_yoyo)がシェアした投稿

 

映画冒頭、マドレーヌとボンドが熱い夜を過ごした街が、

イタリアの世界遺産にも登録されている都市「マテーラ」です。

 

カッパドギアのような美しい洞窟住居を一目見ようと、

首都ローマからやく6時間ほど移動にかかるにも関わらず年々観光客が増えているそう。

洞窟住居は“サッシ”と呼ばれ、渓谷の斜面の岩肌を掘って造られた洞窟住居群をそういうんだとか。

こんな美しい景色を見られるのなら一度は時間を作って行ってみたいですよね〜。

 

 

 

夜の景色も映画で見た通りとても美しいです。

 

あの映画でやっていた行事は調べてもそれらしきものなかったので、映画だけの演出なのかもしれません。

 

 

 

2. ボンドが休暇を過ごしていた場所:ポート・アントニオ|ジャマイカ

 

View this post on Instagram

 

🌐(@costastudios_)がシェアした投稿

 

ボンドが休暇を過ごしていた場所がジャマイカにある「ポート・アントニオ」です。

 

豊かな緑、また美しい海に囲まれた環境は、ジャマイカで最もトロピカルで美しいエリアと言われているそう。

世界中の富豪やハリウッドの映画スターがお忍びでバカンスを過ごすリゾートとして有名な場所なんだとか。

 

劇中に登場したボンドの家、寝る場所に波の模様が影になっててすごく素敵でした。

ああいう場所に一回は泊まってみたいですよね。

 

 

 

3. マドレーヌの実家のあった場所付近:オスロ|ノルウェー

 

 

マドレーヌの実家がある場所がノルウェーにある都市「オスロ」です。

前作のスペクターでもミスターホワイトが自殺した場所として登場しましたね。

 

マドレーヌが落ち、仮面の男が助けた湖がどうしても画像が見つけられませんでしたが、「LANGVANN湖」というオスロより南に位置する湖になってます。

 

 

 

 

ボンドとマドレーヌ、そして彼らの子供であるマチルドと車で逃走したあの特徴的な橋、推測ではありますがノルウェーにある、「アトランティックオーシャンロード」ではないかと思います。

 

ノルウェーでもベタ踏み橋と呼ばれており、頂点に行くまで先は見えないので、スリルがあることで有名なんだとか。

 

 

 

007ノータイムトゥダイ観た後はグッズで部屋を染めちゃおう!

 

 

これでダニエル・ボンドが観れないと思うと映画を観た後消失感を感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめな007グッズをご紹介します!

 

1. 「007ノータイムトゥダイ」パンフレット


 

ダニエル・ボンドの最後の作品ということもありまして、これは持っていて損はないと思います。

ちなみに僕も買いました!

 

今作の内容だけではなく、ダニエルグレイグ演じたジェームズ・ボンドシリーズの内容も語られているので、

思い出しながら余韻に浸れることができます。

 

 

2. ダニエル・ボンド×世界遺産マテーラの布ポスター


 

寝室やリビングに飾るだけでかっこよく決まるし、

いつでもダニエル・ボンドのダンディーな姿をみることができる最高なグッズです。

 

背景は最初に紹介したイタリアのマテーラ。おしゃれです。

布っていうのも粋ですよね〜。

 

 

3. シンプルにおしゃれな007ポスター


 

布もいいですが、普通のポスターもやっぱりいい。


実写版ではなく、最高におしゃれに部屋を飾れるポスターがありました!

これは思わずポチってしまいますよね〜。

 

 

まとめ

 

 

今回はダニエルグレイグ演じる最後のジェームズボンド作品「007 ノータイムトゥダイ」のロケ地を紹介しました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回紹介したロケ地を見て、実際に聖地巡礼した気分になっていただけたら幸いです。

コロナが収まったらぜひ実際にまわって見てくださいね!

 

 

人間味のあるダニエルのジェームズ・ボンドがみられなくなるのは悲しいですが、

派手なアクションや彼のダンディさが最後にみられて個人的には大変満足でした!

ただ、アナ・デ・アルマスのお美しい姿はもう少し見ていたかったですけどね笑

 

ネクストボンドは誰になるんでしょうか?今から楽しみですね!

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事